たばこ1箱20本から19本。それはありか?納得できるのか?

日本たばこ産業ことJT様が、紙巻きタバコ「ウィンストン」の一部商品について、1箱の本数を20本から19本に減らすと発表されたそうです。

実施は11月上旬だそうです。

ウィンストンの「コンパクト・ブルー」というシリーズが対象らしく、

10月の値上げ前は400円で、

増税で430円になっていた商品です。

JT様は

本数を減らしてでも、増税前の値段に近づけて、

「手にとってもらいやすくしたい」

ということだそうです。

これはどうなんだ?

お得なことはあるのか?

20本で値上がりしたものを買うか。

19本だけどちょっと安いのを買うか。

20本で430円

19本で410円

20円安

430円 × 20箱 = 8600円

410円 × 20箱 = 8200円

20箱買って1箱分の違い

20円 × 20箱 = 400円

長い目でみれば20本の方が

ちょっとお得じゃないのか?

400円で1箱分多く吸えている計算。

まぁ買う人がどうするかですね。

僕の周りでこの種類のたばこ吸ってる人いないけど。

その場の安さをとるか、

ちょっと先を見て高いのをとるか、

はたまた、

その時の手持ちのお金で判断するか、

さらにさらに、

禁煙するか?

禁煙すれば、

430円も410円もかからない。

なにはともあれ

お金のためには禁煙が一番!!

辞めるも勇気!吸い続けるも勇気!!

ただ今絶賛禁煙中!! 209日目!

コメントもおまちしております
(*^^)v

これからも気を抜かず突っ走れ!!!