今更ながら受動喫煙とは!?

タバコの健康問題でよく言われるのが、

「タバコを吸わない周りの人への健康被害」です。

ようするに受動喫煙問題ですね。

喫煙問題が多く取り上げられる昨今、喫煙者もしっかり自覚を持って
タバコを吸わない人に少しでも迷惑をかけないように、双方が気持ちよくタバコの問題を解決していければなと切に願います。
(喫煙者側の言い分でしかないのかもしれないですが。)

そもそも受動喫煙とは?

受動喫煙ってよく聞きます。

そもそも受動喫煙とはなんぞや?

タバコの煙には

主流煙、副流煙、呼出煙

という三つの煙が存在します。

主流煙=タバコを吸う人が吸い込む煙

副流煙=火が付いているところからでる煙

呼出煙(こしゅつえん)=タバコを吸う人が吐き出した煙

このうちのタバコを吸わない人が吸いこんでします煙

受動喫煙副流煙呼出煙

が受動喫煙にあたる部分です。

受動喫煙の何が悪い?

喫煙自体が体に悪いのは喫煙者もわっかてはいますし、その煙を吸わない人が吸ってしまったら、それも体に悪いことはなんとなくわかります。

「副流煙のほうが体に悪い!」

ってのもなんか聞いたことがあります。

タバコというのは有害物質のかたまりみたな物です。

有害物質の有名なところで

ニコチン、タール、一酸化炭素

これらの有害物質を、僕たち喫煙者はタバコを吸うたびに体内に取り入れてるわけですが、
副流煙にもこれらがしっかりと含まれています。
しかも主流煙よりも多く!!

タバコ1本あたり

ニコチン→2.8倍

タール→3.4倍

一酸化炭素→4.7倍

副流煙は主流煙に比べてこれだけ多く有害物質が含まれています。

「タバコを吸うのは自分だから関係ないでしょ!」

では済まされないですね。

また夫が喫煙者で妻が非喫煙者の場合の肺がん死亡率も

夫が非喫煙者の場合と比べて1.5倍~1.9倍ほど上がるそうです。

受動喫煙による健康への影響

僕には妻と子ども(二人)がいます。

少しでも家族には迷惑をかけまいと、家の中では吸いません。(臭いも気になるので)

体への影響

目の刺激 心拍数の増加 血管の収縮 血圧の上昇

喘息や心臓病の発作誘因 症状の悪化

受動喫煙との関連が確実な病気

心臓病 肺がん 気管支喘息 慢性呼吸器症状

中耳炎 低出生体重児 乳幼児突然死症候群

これらの症状や、関連のある病気があるんです!
喫煙者はもちろんですが、非喫煙者にもこれだけの症状や病気のリスクがあるんですよ!

タバコを吸っていない家族に、自分の喫煙の影響で病気にはなってほしくはないですよね。

もちろん家族だけでなく、その他の人にも迷惑がかからないように、喫煙者もしっから意識・自覚を持ってタバコを吸わなければいけないと思います。

喫煙者が意識を持つ

我々喫煙者が

「煙はこれだけやばい!!」

という意識は最低限持っていなければいけないと思います。

小さい子どもを車に乗せて、その車の中でタバコを吸っている人をたまに見かけることがあるのですが、僕はさすがにあれは信じられません!

いやいやタバコ吸うのはいいんですけど、さすがにそれはまずいでしょ!?
子どものこと何も考えてないの!?

最近では親が子どもにタバコを吸わせている動画がアップされ、問題になっていたこともありました。

子どものことどう思っているんですかね?

そういう喫煙者がいるから喫煙者全員が悪者にされるんですよ。

そもそもタバコは「百害あって一利なし」なんで、タバコ自体が悪なんですかね。

タバコは悪!みたいなご時世になってきているので、少しでも肩身の狭い思いをしないように
喫煙者もしっかりと吸わない人のことを意識していきましょう。

とりあえず周りの方のことも意識して
今はタバコを吸う(-。-)y-゜゜゜