クサいと感じた!

禁煙生活1週間がたちました。まだ吸いたい病があるので、
この禁煙生活がどこまで続くのか不安は残ります。

今回は続きそうな気がしないでもない!

せっかくブログで愚痴りながらも1週間続いたので、
ここで吸ってしまうともったいない気もしてきた。

なにより、実はもうすでにタバコのことを体が受け付けないのではないか?と
昨日思った。

他人のタバコの臭いってこんなに臭かったっけ?

以前に僕が愚痴った臭いに関する記事です。当時は喫煙者目線です。

過去記事「タバコの臭いどうですか?」

やっぱりタバコを吸っていないとタバコの臭いに敏感になりますね。
それは禁煙中だからなのか、非喫煙者さんがみんなこれくらい臭いを感じているのかはわかりませんが。

僕は昨日仕事であるセミナーに参加していたのですが、
120~130人くらい入る部屋で、席はフリーだったので適当に座りましたが、

1つのテーブルに2人ずつ座れる、隣は空席、
前後の席に人生の先輩(おじさん)、最初に座られた時には臭いを感じなかったのですが、

途中休憩が入り席を立たれ、しばらくして帰ってこられた時に

「ウッ!!まじか!?まじなのか!?」

前後からのタバコ臭!一瞬息が苦しくなりましたね。

喫煙者の時には自分は一応臭いは気にしていたつもりでした、
そもそも喫煙者の時から他人のタバコの臭いは嫌いでした、
でも自分も喫煙者だから別に許せていたんだと思います。

しかし!!

昨日のはかなりの苦痛でしたね。

「こんな臭いをオレはみなさんに提供していたのか!?まじか!?まじなのか!?」

この人生の先輩たちがその時どのくらい臭いを気にしていたかわかりませんが、
(たぶん気にしていないでしょう、あれで何か臭い対策をしているとしたらほんとタバコの臭いってすごい)

隣の細身のお姉さんはあの臭いに耐えれるのか!?

この時に僕は

「今回は禁煙続けられるかもしれない」

と思いました。

いやーだってあの臭いはやばいですよ!

僕はマスクしてましたけど、

臭いはするし、

息苦しくなるし、

最悪でしたね。

私 「前の席のおじさまがタバコの臭いプンプンしてたんやけど、それが臭くてたまらんかったから、今回はこのまま禁煙つづけられるかもしれんわ」

友人 「それは加齢臭やからノーカンだね」

私 「タバコの臭いと加齢臭の違いがわからないようなら、もう一度タバコ吸うわ!!」

友人 「頑張れ」

臭いはやっぱり気をつけましょう

ついこの間まで喫煙者だったし、またいつ戻るかもわからない不安はありますが、

1週間禁煙生活をして今言えることは、

「吸われる方は臭いは気にした方がいいですよ。」

今のところ誰かに禁煙を勧めるところまではいっていないと思うので、
「せめて臭いは気にした方がいいですよ」ということだけはお勧めします。

いままで禁煙に失敗してきた時にはそんなことに気づく前に失敗してきたんだと思います。

我慢できなくなったら周りの喫煙者にすぐもらっていたので、

今回の禁煙生活には周りに喫煙者がいないことがほんとにいい方向にむかっていると実感しています。

おっさんになってくると友人と会う回数も以前より頻繁ではないので、
それもいいタイミングだったのかもしれないです。

ただ

喫煙者友人に会った時に吸いたい誘惑に負けないかはまだ正直不安です。

だらだら書いてしましましが、

現状、1週間でタバコの臭いは「クサッ!!」と思うようになったということです。

今日も吸いたい病に負けないように

今日の1日を乗り切りたいと思います。