みんな少しは気持ちがあるみたいでした。


この土曜日・日曜日は2日間に渡ってお引越しのお手伝いをしていました。

友人5人ほどでいったのですが、全員が喫煙者でしたので集合前から、

「今日が試金石になるどろうな」と思っていました。

気持ち悪くなりました

僕が禁煙をしていることはみんなには内緒というか、秘密というか、
わざわざ報告していないというか、、

とりあえずみんなは知らなかったので、こちらからは発信せずに、
気づくまでは別に言う必要もないかな?と思っていました。

最初に友人に車でひろってもらい、順々にみんなをひろってまわる。

一人また一人と喫煙者が車中に。


たばこの煙がモクモクと車の中に広がります。副流煙が~
車の窓を少し開けて少しでも換気を。色んなニオイの煙が漂よっていました。

「うわ~密室でこれはやばい」と思いましたね。
IQOSのニオイもタバコとはまた違って、なんか変なニオイですね。

朝一の車の中からだいぶ気持ち悪くなってしまいました。

しかし意外と僕がまだ一本も吸っていないことに誰も気づいていません。

まぁそんなもんだろうなとは思っていましたけど、、、

結局合間の休憩まで誰も気づきませんでした。

友人A 「タバコ辞めたん?」

    「イエス!」

友人B 「いやいやそんなアホな!!」

    「マジマジ!3週間続いてる!」

友人A 「はいどうぞ。(1本差しだす)」

    「ノーサンキューだぜぃ。ワイルドだろ~」

友人B 「お前本気やな」

    「タバコがカッコイイ時代は終わったよ」

とこんなやりとりを少しして、喫煙者の友人たちは僕が禁煙をしたことに、
大きな驚きと、少しの羨ましさを口にしていました。

俺も辞めようかな~

結局タバコ代かかるからなぁ

とかそういう気持ちは、少なからず僕の友人たちの中にはあるみたいです。

僕が禁煙生活をしていることで、一瞬だけ自分も禁煙した時のことを思いうかべる。

でも禁煙にむけた行動をすぐにとるわけでない。

でも禁煙できたらなぁ~と心のどこかで思っている。その繰り返しみたいです。

僕もそうだったかな。

禁煙した友人に会った時は、すごいとか、自分もしようかな?とか

一瞬だけ思うけど、次の1本に火をつけた時には忘れている。

結局自分次第ですからね

家族に「タバコやめたら?」と言われたことは何度もありましたが、

結局はタバコをやめるのかどうかというのは、自分次第であります。

禁煙したい理由が、

「お金が~」とか「健康のために」とか何であれ、自分次第であります。

今回の友人たちも

「禁煙できたらお金浮くもんねぇ」とお金が理由のものばかりでしたよ 笑

健康を第一の理由にしている人いませんでした。僕もそうですしね。

とにかく禁煙は自分がタバコを吸うのをやめるとこからしか始まりませんので、

自分次第ということです。

辞めるも勇気!吸い続けるも勇気!!

ただ今絶賛禁煙中!! 24日目!

これからも気を抜かず突っ走れ!!!