「世界禁煙デー」でございます。

本日、5月31日は

「世界禁煙デー」ですよーーー。

世界禁煙デー(せかいきんえんデー、World No-Tobacco Day)は、世界保健機関 (WHO)が制定した禁煙を推進するための記念日である。毎年5月31日が世界禁煙デーとなっており、国際デーの1つである。
wikipediaより

禁煙を推奨するための記念日ということですけども、

テレビ広告など目にするわけでもなく、

ポスターをどこかで目にするわけでもなく、

でも意外とタバコを吸っている人の方が知っていたりする。

ちなみにうちの奥さんは知りませんでした。

世界保健機関が設立40周年を迎える1988年4月7日が「第1回世界禁煙デー」に定められ、
その後に毎年5月31日が「世界禁煙デー」と定められて、翌年1989年からこの日になっているようです。

日本では1992年から、5月31日から6月6日までの1週間が「禁煙週間」となっています。

世界保健機関は完全禁煙を目指しているようですけど、

現段階では完全にというのは厳しいでしょうね。

「たばこの煙のない環境」ということをテーマに活動されているようですが、もっともっとアピールしていかないと、まだまだ浸透していないような気がしますが、、、

日本でも2020年に大イベントがありますので、東京都のお偉いさんが受動喫煙関連で喫煙者を目の敵にしたような活動をされていますが、どうせなら「世界禁煙デー」もそれくらい気合い入れてアピールしてもいいのでは?

完全禁煙は厳しくても、「たばこの煙のない環境」というのは少しずつでも増やしていけるのではないのでしょうか?というかすでに増えてきている。

職場や公共施設や飲食店など色々なところが「全面禁煙」になっていき、「たばこの煙のない環境」というのが増えてきていますね。

そういうことの積み重ねでしょうね。

しかし日本のたばこ産業というのは確固たる地位を築いているので、

その牙城を崩すのは難しいでしょう。

政治家が反対するでしょうね。

完全禁煙は難しいから、「たばこの煙のない環境」を少しでも増やして、
「たばこの吸える環境」も作ってあげればいいと思うんですけどね。

世界保健機関の活動だけあり

「タバコが原因でのガンや心臓病が、、、」

などなど健康面を訴える活動ではありますが、

タバコを吸っている人にはそんなこと関係ないですしね。

だからタバコを吸っていないこっち側の人間に被害が及ばない環境をまずは整えてくれるだけでいいです。

吸いたい人には吸える環境を整えてあげて、

吸わないこちら側には「たばこの煙のない環境」をしっかり整える!!

まずはそこからいきましょう!

僕は「健康のために禁煙を始めたのではない」というのは度々このブログでも申し上げておりますが、喫煙者の人で自分の体のことなんて考えている人はほとんどいないと思います。

だから自分の体のことを考えなくていいので、

せめてタバコを吸う時・吸った後は、

周りの人のこと考えてください。

それさえできればタバコが嫌われることもないと思いますよ。

今週1週間、別にタバコをやめなくてもいいですから、

そのへん考えてください。

辞めるも勇気!吸い続けるも勇気!!

ただ今絶賛禁煙中!! 83日目!

コメントもおまちしております
(*^^)v

これからも気を抜かず突っ走れ!!!